映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ドウェイン・ジョンソンがハリウッド殿堂入り、愛娘も「アイラブユー」と祝福

159

主演作「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」の全米公開を控えるドウェイン・ジョンソンの名前が、米ハリウッドのウォーク・オブ・フェームに刻まれ、現地時間12月13日に記念セレモニーが行われた。

人気プロレスラーであり、現在は映画界を舞台に暴れ回っている“ロック様”ことジョンソン。「ワイルド・スピード」シリーズなどで作品のヒットに貢献するとともに、慈善活動を精力的に行うといった多岐にわたる活躍が評価された。

セレモニー会場には、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」で共演したジャック・ブラックと監督のジェイク・カスダン、さらに先日妊娠中であることを発表したジョンソンのパートナー、ローレン・ハシアンと娘ジャスミンの姿も。ジョンソンは感謝を伝えると、「昨日の夜、『セレモニーで何を話すの?』とローレンに聞かれたんだ」と切り出す。「思い付いたままに話そうと思っていると伝えたところ、『あなたにとって、このすべてのことはどんな意味を持つの?』と問いかけられた。そんなふうに考えたことがなかったんだ」と打ち明け、「でも、今日ここに来るときにわかってきた。どんな意味を持つのか……。今からそれを見せるよ」と突如壇上から降り、ジャスミンのもとへ。そして彼女を片手で軽々と抱きかかえてみせる。

愛娘とともにマイクの前に立ったジョンソンは「これがすべてなんだ! 自らの手で一生懸命仕事をすることも、毎日を感謝しながら生きることも、すべては家族というものにつながっている」と熱弁。「家族を愛して、自分ができるすべてで守ること。自分が愛すれば、人生はよりよいものになる。皆さん、本当にありがとう!」と語って満面の笑みを見せる。そんな父親の雄姿を見て、ジャスミンは「アイラブユー」とかわいらしく発言。会場から大歓声が湧き上がると、ジョンソンは手を挙げてそれに応えた。

「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」は、4月6日より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国でロードショー。

映画ナタリーをフォロー