映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

北村匠海が17歳の明石家さんま役でドラマ主演、飯豊まりえは片思いの相手役

1842

ドラマ「ずっと笑ってた」に出演する北村匠海(左)と飯豊まりえ(右)。

ドラマ「ずっと笑ってた」に出演する北村匠海(左)と飯豊まりえ(右)。

明石家さんまがMCを務める特番「誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!」内で放映されるドラマ「ずっと笑ってた」に、北村匠海DISH//)と飯豊まりえが出演する。

本作は、さんまが17歳だった頃の青春時代の実話を又吉直樹ピース)の脚本でドラマ化した物語。高校時代のさんま役を北村、さんまが片思いしていた同級生役を飯豊が務める。さらに“鬼”と恐れられていた体育教師を神保悟志が演じるほか、同級生役で東野幸治と渡部建(アンジャッシュ)も出演する。

さんまは当時について「高校の時、俺が今まで経験したことのない大爆笑の連発。あの“笑い”を忘れられない。高校時代の俺が、未だに最高で、男としての頂点」と語った。また北村は「高校時代から“神がかっていた”明石家さんまさんの人生を、少しでも体感して頂けたら嬉しいです」、飯豊は「自分のことは置いておいて、『人が笑ってくれたら、一番いい、それが幸せ』って思っているさんまさんを、本当に素敵だなと、思いました。私が同級生だったら、さんまさんのことを絶対に好きになっていると思います」とコメント。「誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!」は11月26日に日本テレビ系で放送される。

北村は2017年の出演作に「君の膵臓をたべたい」「恋と嘘」があるほか、「勝手にふるえてろ」が12月23日より公開。「きょうのキラ君」「暗黒女子」などに出演した飯豊は、ドラマ「新参者」シリーズの完結編にあたる劇場版「祈りの幕が下りる時」の公開を2018年1月27日に控える。

北村匠海 コメント

高校時代のさんまさんの役を演じさせて頂けると聞いて、とにかくびっくりしました。お笑い界のレジェンドであるさんまさんの高校時代を演じるなんて、「僕で大丈夫なのかな?」という気持ちも、正直ありました。人を笑顔にするという事は、簡単ではないと思います。だから、さんまさんの高校時代のエピソードは、凄すぎて、演じていて難しい部分も沢山ありましたが、本当に楽しかったです。このドラマをご覧頂いて、高校時代から“神がかっていた”明石家さんまさんの人生を、少しでも体感して頂けたら嬉しいです。

飯豊まりえ コメント

さんまさんが高校時代に想いを抱いていた女子高生役を演じてみて、「さんまさんって、やっぱりモテるんだな」と、思いました。自分のことは置いておいて、「人が笑ってくれたら、一番いい、それが幸せ」って思っているさんまさんを、本当に素敵だなと、思いました。私が同級生だったら、さんまさんのことを絶対に好きになっていると思います。さんまさんも、クラスメイトも、学校も、本当に楽しい雰囲気だったんだろうな、と演じていて実感しました。さんまさんが素敵な人であることが伝わるドラマになっています。是非お楽しみください。

誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!

日本テレビ系 2017年11月26日(日)19:00~21:54
<司会>
明石家さんま
<ゲスト>
生田絵梨花乃木坂46) / 木村多江 / 後藤輝基フットボールアワー) / 佐藤二朗 / 菅田将暉 / 東野幸治 / ブルゾンちえみ with B / 渡部建(アンジャッシュ

(c)日本テレビ

映画ナタリーをフォロー