映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ディセンダント2」ダヴ&ソフィア、日本のファンに「ダイスキ!」連発

77

「ディセンダント2」ジャパンプレミアイベントにて、左からダヴ・キャメロン、ソフィア・カーソン。

「ディセンダント2」ジャパンプレミアイベントにて、左からダヴ・キャメロン、ソフィア・カーソン。

ディズニー・チャンネルによるオリジナルテレビ映画「ディセンダント2」のジャパンプレミアイベントが、本日10月12日に東京・虎ノ門ヒルズオーバル広場で行われ、キャストのダヴ・キャメロンとソフィア・カーソンが登壇した。

本作はディズニーヴィランズ(悪役)を親に持つティーンエイジャーたちの学園生活を描いた「ディセンダント」の続編。「眠れる森の美女」の魔女マレフィセントの娘マルをキャメロンが、「白雪姫」の邪悪な女王イーヴィル・クイーンの娘イヴィをカーソンが演じた。

イベント会場には、約4000人の応募の中から抽選で選ばれたファン300人が集結。ヴィランズのモチーフを取り入れたファッションの観客も多く見られ、キャメロンとカーソンが現れると悲鳴のような歓声が。2人はファンの撮影やサインに笑顔で応じ、方々から聞こえる「大好き!」の声に日本語で「ダイスキ!」と返してファンたちを喜ばせた。

キャメロンは「初めての日本の訪問でこんなに温かい歓迎を受けられ、喜びでいっぱいです」と感謝。そして「原宿、東京ディズニーリゾート、東京タワーに行ってみたい。あとはショッピングと食事を楽しみたいです」と願望を語った。カーソンも「原宿、銀座、皇居、あと庭園も見たい」と乗っかり、「一番大事なのはファンの皆さんに会うことでした。このことは一生忘れません!」と感情を込めて伝える。

2人は本作に込められたメッセージについても熱弁。キャメロンは「いい人の子供でも悪い人の子供でも、人間は根底に同じものがあり、弱いところを持っていたり愛を求めていたりする。太陽の下ではみんな同じ人間であるということを伝えています」と真摯に語る。カーソンは「『鏡よ鏡、この世で一番美しいのは?』とありますが、美しいのは心。どんな親から生まれても、自分は自分らしく生きる。そんなメッセージを観てほしいです」とファンに呼びかけた。

イベントにはディズニー・チャンネルのファンである河北麻友子と、番組のオフィシャルサポーターであり本作の楽曲「悪の力を呼び覚ませ」を日本語カバーしているアーティストのMiracle Vell Magicも参加。「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」「ハイスクール・ミュージカル」で知られるケニー・オルテガが監督を務めているだけに、Miracle Vell Magicは「アップテンポの曲がすごくダンサブル。リズムを取らずにはいられないくらい!」と音楽の素晴らしさをアピール。また河北が「『大好き』のほかに、『愛してます』もぜひ覚えて帰ってください」と教えると、キャメロンとカーソンは即座に「アイシテマス、ジャパン!」と叫びながらファンに手を振った。

「ディセンダント2」は、10月21日にディズニー・チャンネルで日本初放送。

ディセンダント2

ディズニー・チャンネル 2017年10月21日(土)19:30~

関連する特集記事

東京ディズニーリゾート®︎「ディズニー・ハロウィーン」千葉雄大×吉沢亮×中川大志PR

(c)2017 Disney

映画ナタリーをフォロー