映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

石川界人「魂を込めた」、「ハイキュー!!」舞台挨拶で村瀬歩とアフレコ振り返る

36

「劇場版総集編 青葉城西高校戦『ハイキュー!! 才能とセンス』」舞台挨拶の様子。左から村瀬歩、石川界人。

「劇場版総集編 青葉城西高校戦『ハイキュー!! 才能とセンス』」舞台挨拶の様子。左から村瀬歩、石川界人。

「劇場版総集編 青葉城西高校戦『ハイキュー!! 才能とセンス』」の舞台挨拶が本日9月16日、東京・TOHOシネマズ 新宿にて行われ、キャストの村瀬歩石川界人が登壇した。

古舘春一によるマンガを原作にした本作は、テレビアニメとして放送された烏野高校と青葉城西高校の戦いを再編集した劇場版アニメ。村瀬が烏野高校バレーボール部のミドルブロッカー・日向翔陽、石川が日向が烏野高校で出会う天才セッター・影山飛雄に声を当てる。

村瀬は本作が「ハイキュー!!」シリーズ3本目の総集編であることに触れ「今までは烏野にフォーカスが当たっていましたが、今回は青城にも同じぐらい視線が向けられ、ドラマを感じてより青城が好きになりました」とコメント。「自分の芝居が気になってしまってなかなか入り込めなかった」と言う石川は「逆にほかのキャラクターに感情移入できて、期間を空けて観れてとても勉強になりました」と述懐する。

アフレコは「大変だった」と口をそろえる2人。石川は「ブースが汗臭くて、部室みたいでした」と振り返り、「それだけ熱量や魂を込めていたということだと思います」と説明する。イベントでは及川徹役の浪川大輔からの手紙も届けられ、代読した石川は浪川やキャラクターへの熱い思いを語った。

9月29日から2週間限定で公開される、烏野高校と白鳥沢学園高校の戦いをまとめた「劇場版総集編 白鳥沢学園高校戦『ハイキュー!! コンセプトの戦い』」について村瀬は「ツッキー(月島蛍)なしでは語れない」と断言。続けて「それまで表に出ていなかったものとか、彼が抱えていたものが開花するので、ツッキーの覚醒具合とかドキドキ感が味わえると思います」と観客にアピールした。

劇場版総集編『ハイキュー!! 才能とセンス』」は、9月28日までの2週間限定でロードショー。

(c)古舘春一/集英社・「ハイキュー!! セカンドシーズン」製作委員会・MBS (c)古舘春一/集英社・「ハイキュー!! 3rd」製作委員会・MBS

映画ナタリーをフォロー