映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「カーズ」新作イベント、松岡茉優が黄色い浴衣で母の“カーズ泣き”エピソード語る

96

「カーズ/クロスロード」夏休み大ヒット記念舞台挨拶の様子。

「カーズ/クロスロード」夏休み大ヒット記念舞台挨拶の様子。

カーズ/クロスロード」の夏休み大ヒット記念舞台挨拶が本日7月25日に東京・TOHOシネマズ 日本橋で行われ、日本語吹替版キャストの土田大松岡茉優藤森慎吾オリエンタルラジオ)、プロレーサーのJujuが出席した。

「カーズ/クロスロード」は、ディズニー / ピクサーによる長編アニメーション「カーズ」シリーズの第3弾。ベテランとなった主人公ライトニング・マックィーンがクラッシュ事故に遭い、レーサーとして岐路に立つさまが描かれる。土田がマックィーン、松岡がマックィーンの新たな相棒クルーズ、藤森がクールな性格の次世代レーサー・ストームに声を当てた。

マックィーンの目印である“95”のナンバーが付いた浴衣をまとった土田は「僕が34歳だった2006年に1作目が公開されて、11年経って『カーズ/クロスロード』に行き着きました。やっててよかったと本当に思いました。マックィーンとともに歩んだ10年を皆さんに楽しんでいただけたら幸いです」と挨拶する。

クルーズに合わせた黄色い浴衣で登場した松岡は「この作品が本当に大好きで、人生の節目で何度も観返す作品になると確信しております。満を持して土田さんにお会いできたことが本当にうれしいです」と喜びを語る。さらに、「この作品を観た子供たちが、夢を持ってもいいんだと思ってくれたらうれしい。大人の方には夢をもう一度思い出してもらえたら」と真摯に話した。

ストームをイメージさせる青い浴衣姿の藤森は、本作について「評判を直接届けてくれる人がたくさんいる」と話し、「レスリングの吉田沙保里さんが『いろいろ考えちゃった。慎吾くん(が演じたストーム)みたいな後輩が今出てきてるんだよね』ってメールをくれたし、シリーズの大ファンだというフットボールアワー・後藤さんは『今作、お前かい!』ってツッコミのあとに『めちゃくちゃいいやん!』て感想をくださったり、オードリーの若林さんは『藤森くんで笑ったこと今まで正直なかったけど、すごいよかったよ』って言ってくれたり」とエピソードを披露する。

続けて、11歳のプロレーサー・Jujuがゲストとして登場。本作を地元の岡山で鑑賞したというJujuが「映像がすごくリアルで面白かった。お気に入りのキャラクターは、クルーズです」と感想を述べると、松岡は「クルーズは女の子だからわかることあるよねー!」とうれしそうにJujuの顔をのぞき込む。

本日7月25日が、“かき氷の日”ということで氷樽を4人で割るコーナーも。夏休みの思い出を聞かれた松岡は「つい先日、母と一緒に『カーズ/クロスロード』を観てきました。私の名前がエンドロールに流れたときに、母が“カーズ泣き”しておりまして、親孝行できたなと。大人にこそ響くメッセージが詰まっている映画なんだなって、母のリアクションを見て思いました」と感慨深そうに振り返った。

「カーズ/クロスロード」は全国で公開中。

(c)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー