映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

高杉真宙主演のラブストーリー「想影」公開日が決定、初日舞台挨拶も開催

1052

「想影(おもかげ)」

「想影(おもかげ)」

高杉真宙が主演を務めるインディペンデント映画「想影(おもかげ)」の公開が決定。あわせて舞台挨拶の開催も発表された。

本作は、かつて思いを寄せていた幼なじみの結婚の知らせを聞いた女性が、10年の時を経て過去の思いと対峙するさまが描かれるラブストーリー。女による女のためのR-18文学賞にて最終選考に残った野村実来の小説をもとに製作され、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016の観客人気投票にて短編部門第1位に輝いた。

高杉は物語の鍵を握る栄大輔の少年時代を演じ、大人時代の大輔には大河ドラマ「真田丸」の細田善彦が扮する。大輔に思いを寄せるヒロインの中村由美を「チチを撮りに」「湯を沸かすほどの熱い愛」の松原菜野花が演じた。TOHOシネマズ学生映画祭などでの受賞歴を持つ加藤慶吾が監督を務めている。

高杉は「僕が演じた栄という人物は独特な性格で、演技している時は本当に楽しかったです。栄にとっては何気ないことだけど、中村さんはそれを意識してしまう……そんな風にできたらいいなと思いながら演じさせて頂きました」、松原は「台本を頂いた時、好きと言えない由美ちゃんがもどかしくて切なくて、だけどすごく純粋で愛おしく感じました」とそれぞれ役柄についてコメントを寄せた。

「想影(おもかげ)」は5月14日から東京・下北沢トリウッドにて1週間限定でロードショー。初日13時の回上映後にはキャストと監督による舞台挨拶が行われ、以降も監督と関係者によるトークイベントなどが実施される予定だ。

高杉真宙 コメント

「たくさんの方に観て頂ける日がついに来た!」と嬉しく思います。僕が演じた栄という人物は独特な性格で、演技している時は本当に楽しかったです。栄にとっては何気ないことだけど、中村さんはそれを意識してしまう……そんな風にできたらいいなと思いながら演じさせて頂きました。淡い感じの映像が登場人物の感情を伝えて、すごく綺麗な映画になっています。ぜひ皆さん、観にきてください!

松原菜野花 コメント

「想影」が5月、下北沢トリウッドにて公開決定とのことで、大変嬉しく思っております。私が演じさせていただいた中村由美という女の子は、高杉さん演じる栄のことを一途に想う可愛らしい女の子です。どちらかというと、普段の私と正反対の性格の由美ちゃん。台本を頂いた時、好きと言えない由美ちゃんがもどかしくて切なくて、だけどすごく純粋で愛おしく感じました。好きだから不安になったり、ちょっとしたことでドキドキしたり。きっと誰もが経験したことのあるキラキラしていた時間を、観て、思い出して頂けたら嬉しいです。やっと沢山の方に観ていただけること、幸せで楽しみです。

細田善彦 コメント

高杉真宙さんが演じた、中学生時代の栄大輔の10年後を演じさせていただきました、細田善彦です。中学生時代と10年後の撮影期間は間が空いており打ち合わせは中学生時代の映像を見ながら行われました。溢れる果汁のように止まらない甘酸っぱい瞬間がたくさんちりばめられた素敵な映像にドキドキしたことを覚えています。加藤監督が声のトーンや目線、間、などなど細かく演出をつけてくださり、栄が大人になったらこんな感じかな?と、楽しく演じることができました。顔は……女性陣のほうが似てて負けた気はしていますが……雰囲気は男性陣の方が似ているのでは……その辺も楽しんでいただけたら嬉しいです。「想影」よろしくお願いします。

加藤慶吾 コメント

2016年にプレミア上映いたしました本作を、ようやく多くの人に見ていただける機会を作ることができました。新海誠監督ほか、多くの映画監督を輩出してきた映画館である下北沢トリウッドからスタートを切ることができるということも大変喜ばしいです。また、今回は一つの試みとして、舞台挨拶をTwitterライブを用いて生中継いたします。なかなか本作をお届けできていない遠方の方々にも、一緒に公開初日を楽しんでいただけるような内容にできればと思いますので、是非楽しみにしていていただければと思います。

(c)2016「想影」EIGAHANG

映画ナタリーをフォロー