映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

岡田准一主演「関ヶ原」に松山ケンイチと壇蜜が出演、直江兼続と尼僧演じる

626

「関ヶ原」のキャスト。左から松山ケンイチ、壇蜜。

「関ヶ原」のキャスト。左から松山ケンイチ、壇蜜。

岡田准一が主演を務める「関ヶ原」に松山ケンイチ壇蜜が出演することが明らかになった。

原田眞人がメガホンを取る本作は、司馬遼太郎の同名小説を原作にした時代劇。石田三成率いる西軍と徳川家康が指揮する東軍が激突した関ヶ原の戦いを描く。岡田が三成、役所広司が家康を演じ、ほかキャストには有村架純東出昌大滝藤賢一和田正人吉村界人らが並ぶ。

今回、松山が三成と結託する武将・直江兼続、壇蜜が三成の家臣・島清興(島左近)の昔なじみの尼僧・妙善を演じることが発表された。松山は「尊敬する岡田さんと同志といえる間柄を演じる事が出来て、素晴らしい経験をさせて頂きました」、壇蜜は「壮大な映画の景観を損ねぬようコッソリとおつとめした次第です」とコメントしている。

「関ヶ原」は、8月26日より全国ロードショー。

松山ケンイチ コメント

原田監督のユーモアが大好きで、いつも楽しませて頂いてます。直江兼続をやらせて頂きましたが、今までの直江兼続像から少し離れたところで楽しくやらせて頂きました。尊敬する岡田さんと同志といえる間柄を演じる事が出来て、素晴らしい経験をさせて頂きました。

壇蜜 コメント

左近さまと三成さまの密談を見守らせていただきました。壮大な映画の景観を損ねぬようコッソリとおつとめした次第です。どうぞお楽しみください。

(c)2017「関ヶ原」製作委員会

映画ナタリーをフォロー