「ジェーン」で見せたナタリー・ポートマンの“技”にジョエル・エドガートンが命名

31

現在全国で上映中の「ジェーン」より、主演のナタリー・ポートマンらのコメントが到着した。

「ジェーン」

「ジェーン」

大きなサイズで見る(全17件)

「ジェーン」

「ジェーン」

「ジェーン」は、南北戦争直後のニューメキシコ周辺を舞台に、ポートマン演じる主人公ジェーンが家族を守るために立ち上がる姿を描く西部劇。ノア・エメリッヒが夫のハム、ジョエル・エドガートンがジェーンに救いの手を差し伸べるかつての恋人ダンに扮している。

「ジェーン」

「ジェーン」

本作のロケ地として選ばれたのは、アメリカ・ニューメキシコ州の北部にあるサンタフェ。砂嵐や吹雪、強風に見舞われることが多いうえに、キャストたちは夜は零下、日中は摂氏38度を超える気温差にも耐えなければならなかった。

「ジェーン」

「ジェーン」

エメリッヒは「逆境に直面したからこそ、制作アシスタントから監督まで、我々はみな自身の持つ力を高めることができたんだ」と撮影を回想。エドガートンは、「目標はナタリーのオスカー受賞だ、などと冗談を言っていたよ。実際、黙っていても目力だけで表現する様子を“ザ・ポートマン”と名付けたりしていたよ!」と思い出を振り返る。

そしてポートマンは、現場について「慣れない環境で芸術作品を作るというのは、素晴らしいことだわ。芸術性とはそのものをいかに異国風にするかだというのが、トルストイの芸術論。オーストラリア人(エドガートン)とブラジル人(ロドリゴ・サントロ)がいることですでに異国の風が入っているわけだから、この作品はそのまま芸術ってことになるわね!」と語った。

この記事の画像・動画(全17件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2015 SP JGAG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.