映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ボクソール★ライドショー」岡本夏美ら、4DXは「映画というより新ジャンル」

474

「ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~」最速プレミア上映会の様子。

「ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~」最速プレミア上映会の様子。

日本初の4DX専用ショートムービー「ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~」の最速プレミア上映会が、本日12月1日に東京のユナイテッド・シネマとしまえんにて開催され、キャストの岡本夏美渡辺恵伶奈、松本妃代が登壇した。

白石晃士がメガホンを取った本作は、シーンにあわせて座席のムーブや風などが楽しめる4DXの特殊効果を企画段階から取り入れた脱出ホラー。番組ロケのためにある廃校を訪れた新人アイドル3人が、1人の狂人“学校の番人”との出会いをきっかけに恐怖の逃走劇に巻き込まれていく。

3人はそれぞれナツミ、エレナ、キヨと、自身と同じ名前の役を演じている。「友達を助ける役だったので正義感を意識して演じました」と話す岡本は、役と自分自身の共通点を聞かれ「普段から正義感はありますけど……って、自分で言っていいですかね!?」と返答。すると渡辺と松本から「しっかりしてます!」「すごく助けられました!」という声が飛ぶ。

白石からその表情を絶賛されたという渡辺は「本当に怖いのが無理で、ここだけの話ですけど……事務所にも『ホラーだけはやめて』って言ってたんですよ!」と暴露。そして撮影現場ではトイレも2人について来てもらっていたことや、同じ部屋に泊まり3人で一緒に寝ていたことなどを明かした。また松本は、劇中で“取り憑かれる”役を演じたとのこと。「2人とは別の撮影が多かったですね。でも別の場所で撮っているときに『キヨー! キヨー!』って叫ぶ声が聞こえて、2人が探してくれてるんだと思って一体感を感じていました」と話した。

白石に対する印象を聞かれると、渡辺は「こんなにもおばけを怖いと思わない人がいるんだなって思ったら……かっこいいなって。同じ人類に思えなかったです!」と、松本は「“田代”さんとして出演もされているから、不思議な感じで。この世の生き物じゃないなって感じもしました(笑)」とコメント。「カルト」でも白石組に参加している岡本は「今回は一緒にお芝居もできたので、距離が縮まったかなと思います」と笑顔を見せる。

イベントの終盤には、4DX上映に関する話題に。本作で初めて4DXを体験したという渡辺は「正直ナメてました。こんなにもリアルだと思わなくて。椅子も『こんなに動くんだ!』って思ったし、遊園地のアトラクションみたい!」と熱弁し、松本は「映画というよりも新ジャンルを体感した気持ちでした」と明かす。最後に岡本は「日本初の4DX専用映画ということで、一緒に戦っている気分になれる作品になっています!」と作品をアピールした。

「ボクソール★ライドショー~恐怖の廃校脱出!~」は1月16日より順次公開される。

映画ナタリーをフォロー