映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

普天間基地移設問題を描く「人魚に会える日。」へMONGOL800キヨサクがコメント

630

日本最年少にあたる13歳で「やぎの冒険」を監督した仲村颯悟が5年ぶりに手がけた「人魚に会える日。」のメインビジュアルが完成。仲村の出身地・沖縄での上映に加えて、東京での公開も決定した。

小学生の頃から映像を撮り続け、2010年にはテレビ番組「世界まる見え!テレビ特捜部」の映像コンテストにてビートたけしから「たけし賞」を与えられた仲村。この「人魚に会える日。」は、沖縄で暮らす高校生・ユメと人魚伝説のモデルとなったジュゴンの物語を通して、普天間基地移設に伴う辺野古沖埋め立て問題というテーマを描く作品だ。大学生になって沖縄を離れ関東に住んだ仲村が、その約半年の間に感じた思いを胸に、沖縄出身の大学生とともに制作を開始。2014年の夏より撮影が行われた。

なおこのたび、仲村の考えに賛同し主題歌を提供した沖縄出身アーティスト・MONGOL800キヨサクから本作へ寄せたメッセージが到着。その全文は下記に掲載している。

「人魚に会える日。」は、2016年2月21日より沖縄・桜坂劇場、3月3日より東京・ユーロライブほかにて全国順次ロードショー。

キヨサク(MONGOL800) コメント

美しい海から
美しい空から
目を逸らしたい瞬間がある
県民を二分する
悲しいニュースから
耳を塞ぎたい瞬間がある
目を逸らせば良い
耳を塞げば良い
ただそれだけの事が
悔しいかな難しい
沖縄を目の前に
ただそれだけの事が難しい
愛するがゆえに闘う事を止めなかった
人間の悪足掻きだと笑えば良い
ただそれだけの事
流れた汗も涙も時間も
確実に愛おしく美しい
ただそれだけの事
目を逸らさず
耳を塞ぐ事をしなかった
沖縄の未来が輝き出した
ただそれだけの事
いずれ
その未来に沖縄は
嫉妬するのでしょう

MONGOL800 キヨサク

映画ナタリーをフォロー