映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ラッセル・クロウ初監督&主演作、異国情緒あふれるトルコが舞台の一大叙事詩

65

「ディバイナー 戦禍に光を求めて」

「ディバイナー 戦禍に光を求めて」

ラッセル・クロウの監督デビュー作にして主演最新作「ディバイナー 戦禍に光を求めて」が、2016年2月27日より全国公開される。

実話をベースにした本作は、第一次世界大戦中のトルコ・ガリポリの戦いから4年後を舞台に、イスタンブールをはじめとする壮大なロケーションで描き出す叙事詩。生死もわからない3人の息子を探し出すため、オーストラリアから異国の地へやって来た父親の悲哀や愛情がフィルムに収められ、「私が監督になるためにこの映画を選んだのではない、この映画が私を監督に選んだのだ」と語るクロウ渾身の1作である。

共演には「オブリビオン」のオルガ・キュリレンコ、「ダイ・ハード/ラスト・デイ」のジェイ・コートニー、「サイの季節」のイルマズ・アルドアンら。オーストラリア映画テレビ芸術アカデミー賞にて作品賞含む3部門で最優秀賞に輝いた。

「ディバイナー 戦禍に光を求めて」は2016年2月27日より東京・有楽町スバル座ほか全国で順次ロードショー。

(c)2014 DIVINER HOLDINGS PTY LTD, RATPAC ENTERTAINMENT LLC, NETWORK INVESTMENT HOLDINGS LIMITED, SEVEN NETWORK (OPERATIONS) LIMITED AND MEGISTE FILMS PTY LIMITED

映画ナタリーをフォロー