Netflix日本上陸記念イベント、ペ・ドゥナらがオリジナルドラマをアピール

55

本日9月1日、東京・グランドハイアット東京にて動画配信サービス・Netflixのイベントが開催された。

Netflixメディアセッションイベントにて、鏡割りの様子。

Netflixメディアセッションイベントにて、鏡割りの様子。

大きなサイズで見る(全23件)

ペ・ドゥナ

ペ・ドゥナ[拡大]

明日9月2日に日本でのサービスを開始するNetflix。そのローンチを記念した本日のイベントには、Netflixのオリジナルドラマに出演するペ・ドゥナ、ラヴァーン・コックス、ウゾ・アドゥバ、そしてNetflixのCEOであるリード・ヘイスティングスらが登壇した。

左からウゾ・アドゥバ、ラヴァーン・コックス、ペ・ドゥナ。

左からウゾ・アドゥバ、ラヴァーン・コックス、ペ・ドゥナ。[拡大]

ペ・ドゥナが出演する「センス8」はラナ&アンディ・ウォシャウスキー姉弟が監督を務めた初めてのドラマ。思考や行動、感情を共有できるようになった男女8人を主人公にしたSF作品だ。

ラヴァーン・コックス

ラヴァーン・コックス[拡大]

まず「皆さんこんにちは、ペ・ドゥナです」と日本語で挨拶したペ・ドゥナは、「明日、Netflixがアジアで初めて日本に上陸するということで、このドラマに出演させていただいた者としてとてもうれしいです。ドラマではソウルが舞台にもなっていますが、ソウルではまだサービスがスタートしていません。ここ日本から始まり、Netflixがますます広まってくれればいいと思います」と笑顔で挨拶。

ウゾ・アドゥバ

ウゾ・アドゥバ[拡大]

一方コックスとアドゥバが出演した「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」は、アメリカでベストセラーとなったノンフィクション本を映像化したヒューマンドラマ。突然刑務所生活を送ることになった裕福な女性の姿を通して、同性愛や人種差別、虐待、ドラッグなどの深刻な問題をユーモラスに描き出す。

左からグレッグ・ピーターズ(Netflix K.K.代表取締役社長)、ウゾ・アドゥバ、ペ・ドゥナ、ラヴァーン・コックス、リード・ヘイスティングス(Netflix CEO)。

左からグレッグ・ピーターズ(Netflix K.K.代表取締役社長)、ウゾ・アドゥバ、ペ・ドゥナ、ラヴァーン・コックス、リード・ヘイスティングス(Netflix CEO)。[拡大]

コックスは「このシリーズはすでに世界中の視聴者が夢中になっています。日本の皆さんもぜひご覧になっていただきたいです。特にこのドラマには名ゼリフがたくさんあって、『あなたのためにパイを投げたのよ!』なんてものもあるので、どんな意味なのか楽しみにしていてください。ネット上でも大流行中なんですよ!」と作品をアピール。アドゥバは「Netflixのドラマはクリエイターにかなり自由に創作させるのが鉄則。ぜひそれをご堪能いただければと思います。このドラマは笑顔になれるし泣けるし、考えさせてくれる作品です。ようやく日本の皆さんにお見せすることができてうれしいです」と喜びをあわらにした。

ペ・ドゥナ

ペ・ドゥナ[拡大]

続いてヘイスティングスやNetflix K.K.のグレッグ・ピーターズ代表取締役社長らがプレス席をまわり、記者からの質問に答えるメディアセッションコーナーへ。その中でヘイスティングスは「来年はコンテンツの充実のため全世界に50億ドルを投資する」と明かした。さらにピーターズは日本の視聴者は字幕版よりも吹替版を好むことから日本語吹替のクオリティにこだわったことや、現在の日本オリジナルコンテンツは若年層へ向けたものだが、今後はより広い年齢層へとターゲットを拡大していく構想などを語った。

「センス8」「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」は明日9月2日よりNetflixにて日本での配信がスタート。「TERRACE HOUSE BOYS & GIRLS IN THE CITY」「アンダーウェア」といった日本オリジナル番組も明日より配信が開始される。

この記事の画像・動画(全23件)

関連記事

ペ・ドゥナのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 ペ・ドゥナ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。