梶裕貴「日本が誇るアニメーション」と自信をのぞかせる、「GAMBA」舞台挨拶

83

劇場版3DCGアニメーション「GAMBA ガンバと仲間たち」の完成披露舞台挨拶が本日8月30日、東京・ユナイテッドシネマ豊洲にて行われ、キャストの梶裕貴神田沙也加、総監督の小川洋一、監督の河村友宏小森啓裕が登壇した。

「GAMBA ガンバと仲間たち」完成披露舞台挨拶の様子。左から小森啓裕、小川洋一、梶裕貴、神田沙也加、河村友宏。

「GAMBA ガンバと仲間たち」完成披露舞台挨拶の様子。左から小森啓裕、小川洋一、梶裕貴、神田沙也加、河村友宏。

大きなサイズで見る(全37件)

梶裕貴

梶裕貴[拡大]

斎藤惇夫の児童文学を原作にした「GAMBA ガンバと仲間たち」は、「ジュブナイル」「STAND BY ME ドラえもん」の白組が贈る冒険活劇。個性豊かなネズミたちが、巨大な敵に立ち向かっていく姿をダイナミックな映像を通して描き出す。梶が正義感の強いガンバを、神田がしっかり者の潮路を演じる。

完成披露スペシャルイベントで、ウォーターキャノンの水を浴びる神田沙也加(左)、梶裕貴(右)と子供たち。

完成披露スペシャルイベントで、ウォーターキャノンの水を浴びる神田沙也加(左)、梶裕貴(右)と子供たち。[拡大]

舞台挨拶の前には、海を背にしたららぽーと豊洲のアーバンドックにて完成披露スペシャルイベントが開催され、梶と神田、ガンバの帽子を被った子供たちが登場。同作の完成を祝い、ウォーターキャノンの打ち上げが行われた。水が空高く打ち上がる様子を見た梶は「これで空が晴れていれば、最高だったんですけど……」とこぼしながらも、「本作もこの水のように高く飛躍できればうれしいです」と前向きな姿勢を見せた。

完成披露舞台挨拶で作品への思いを語る梶裕貴。

完成披露舞台挨拶で作品への思いを語る梶裕貴。[拡大]

劇場に移動して行われた舞台挨拶で梶は、「歴史があり、多くの人に愛されている作品に参加できると聞き、とてもうれしかったです」とオファーを受けたときの心境を告白。大塚明夫、池田秀一、野沢雅子ら錚々たる声優が脇を固めていることに対し「先輩方のお芝居、存在感を強く感じました。一緒に収録したはずなのに、そう思えないほど声が作品に溶け込んでいて改めてすごいなと思いました」と胸の内を明かす。神田も「最初に映像を観たときから作品の迫力に圧倒されたんです。でも、先輩方の声が入って別物級に作品の迫力が増していましたし、この作品に関われて本当に幸せだなと感じました」と喜びを露わにした。

アフレコ現場でのエピソードを語る神田沙也加(右)と、それをうなずきながら聞く梶裕貴。

アフレコ現場でのエピソードを語る神田沙也加(右)と、それをうなずきながら聞く梶裕貴。[拡大]

河村は、梶の演技を「少年から大人になる過渡期のガンバの声を、爽やかに演じてくれた」と絶賛。「我々が納得しているシーンに対しても、何度も何度も自らテイクを重ねられて、本当にプロだなと思いました」と小川が言葉を重ねると、梶は「素敵なシーンを、よりよいものにしたかった」と作品への思い入れを語った。

「GAMBA ガンバと仲間たち」完成披露舞台挨拶の様子。左から小森啓裕、小川洋一、梶裕貴、神田沙也加、河村友宏。

「GAMBA ガンバと仲間たち」完成披露舞台挨拶の様子。左から小森啓裕、小川洋一、梶裕貴、神田沙也加、河村友宏。[拡大]

最後の挨拶で神田は「2D、3D、2D、3Dと繰り返し観ていただいて、作品の魅力を発見してもらえたらうれしいです。ぜひ『GAMBA』を愛してあげてください」と呼びかける。続けてマイクを持った梶は「大人から子供まで楽しめる作品になっていますし、日本が誇れるアニメーションに仕上がっていると思います」と自信をのぞかせた。

「GAMBA ガンバと仲間たち」は、10月10日より2D / 3Dにて全国ロードショー。

この記事の画像・動画(全37件)

関連記事

梶裕貴のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 GAMBA ガンバと仲間たち / 梶裕貴 / 神田沙也加 / 小川洋一 / 河村友宏 / 小森啓裕 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。