映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

吹替版だけに登場する“嫌いな食べ物”、「インサイド・ヘッド」製作のこだわり

32

全国ロードショー中のディズニー / ピクサー作品「インサイド・ヘッド」から、製作陣のこだわりが分かる比較画像が公開された。

この画像は、オリジナル版および字幕スーパー版と日本語吹替版の同じシーンを切り取ったもの。主人公ライリーの幼少期の嫌いな食べ物は、オリジナル版ではブロッコリーだが、日本語吹替版ではピーマンに変わっている。これは日本の子供が苦手な食べ物の上位にピーマンやニンジンが挙がることを受けて、日本で公開される吹替版のみ変更されたのだという。

なおディズニーの担当者は「ブロッコリーからピーマンへの変更は、日本の観客に本作を自分の物語として楽しんでもらいたいというフィルムメーカーの熱い想いによるものです。画面の隅々までこだわり抜き、心を込めて創り上げた作品になっています。“あなたの物語”として楽しんでもらえたらうれしいです」とコメントを寄せている。

劇中にはほかにも、新聞や看板の文字など日本語吹替版のために変更されたシーンが登場する。気になった人は劇場で確認してみては。

映画ナタリーをフォロー