映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

乃木坂46ドキュメンタリー、舞台挨拶で白石麻衣が涙「親孝行ができたのかなって」

202

「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」舞台挨拶の様子。

「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」舞台挨拶の様子。

本日7月10日、東京・お台場シネマメディアージュにて「悲しみの忘れ方 Documentary of 乃木坂46」の初日舞台挨拶が行われ、乃木坂46のメンバーと監督の丸山健志が登壇した。

登壇メンバーは、西野七瀬白石麻衣生田絵梨花橋本奈々未生駒里奈若月佑美秋元真夏桜井玲香深川麻衣高山一実松村沙友理、星野みなみの12人。この日は4人ずつ3つのチームに分かれ神奈川、千葉、埼玉の劇場でそれぞれ舞台挨拶を実施し、最後にこのお台場の劇場に全員が集まる形となった。

イベントの冒頭では、メンバーがこの映画の主題歌である新曲「悲しみの忘れ方」を披露。曲を歌い終えたキャプテンの桜井は「乃木坂46がこうして映画を作れたのも、応援してくださる皆さんがいるからこそだと思っています」とファンへの感謝を述べた。

司会から本作の感動したシーンを尋ねられた白石は、自分の母親の登場シーンを挙げる。「私はめったにお母さんをライブに誘わないんですけど、代々木のライブに招待したときにお母さんが『うれしかった』って言うのを聞いて……」と話しながら声を詰まらせ、涙をあふれさせながら「お母さんがライブを観て『よかったよ』って言ってくれて、ちょっとでも親孝行ができたのかなって」と言葉をつないだ。

続いて思わず笑ってしまったシーンについて質問されると、西野は「自分のおじいちゃんが映されてたときですね。『おじいちゃんがスクリーンデビューしてる!』と思って」と笑いを誘う。高山は画面に映りこんだテレビの中の横綱・白鵬に注目し、「テレビに映ってる、体を拭く白鵬! めっちゃ目立ちませんか!?」と白鵬のモノマネを交えて話し、会場に爆笑をもたらした。

最後にはメンバーを代表して、生駒が「乃木坂にはまだまだ越えなきゃいけない壁、上らなきゃいけない坂があります。“年末”もそうですし……今年はいろんなところに出ていって、日本一のアイドルグループになれるようにがんばります!」と挨拶し、ファンからの歓声が上がったところでイベントは幕を閉じた。

映画ナタリーをフォロー