映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

かりゆし58の楽曲「全開の唄」映画化、キャストに佐野和真&遠藤雄弥

20

かりゆし58

かりゆし58

沖縄出身の4人組バンド、かりゆし58の同名楽曲をモチーフにした映画「全開の唄」が、10月3日より全国で順次公開される。

2010年にリリースされた「全開の唄」は、かりゆし58の楽曲の中でも高い人気を誇る1曲。映画化にあたって、放送中のテレビドラマ「天皇の料理番」で演出を務める中前勇児がメガホンを取り、自転車競技を通して“全開”で生きる若者たちの成長を描き出す。

主人公の大学生・只野健一は自転車競技部に所属している。健一は大学のマドンナ高峰椿に、学生チャンピオンの井沢遼に試合で勝てたら付きあってほしいと告白するも結果は惨敗。井沢に椿を取られて落ち込んでいた健一だが、キャバクラで働く川上綾香に出会い人生が変わる。自分を取り巻く人たちとの関わりの中で、健一は優しさ、裏切り、友情、そして愛を知っていく。

健一を演じるのは「ガチバン」シリーズの佐野和真。本作では自転車競技に打ち込む青年をコミカルに演じる。ヒロインの綾香役には「パッチギ! LOVE&PEACE」の中村ゆり、ライバルの井沢役には元D-BOYSのメンバーで「シャカリキ!」主演の遠藤雄弥。そのほか六平直政浅野和之佐藤二朗河相我聞中島愛里といった面々が名を連ねる。

劇中にはかりゆし58のメンバーが登場し、パフォーマンスを披露する場面も。熱い応援ソングが青春ストーリーに形を変える本作の続報を、楽しみに待とう。

映画ナタリーをフォロー