映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん

ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん

ロングウェイノースチキュウノテッペン
TOUT EN HAUT DU MONDE

解説

アヌシー国際映画祭観客賞、TAAFグランプリを受賞した、フランスとデンマーク合作の長編アニメーション。19世紀のロシアを舞台に、北極探検の途中で消息を絶った祖父を探し出すべく旅に出る、ひとりの少女の姿を描き出す。レミ・シャイエが監督を務め、黎明期の日本アニメを彷彿とさせる、シンプルな画風の持つ大胆な表現力が非常に魅力的。

ストーリー

19世紀のロシア・サンクトペテルブルグ。14才の貴族の子女サーシャには悩みがあった。彼女の大好きな祖父が1年前に北極航路の探検に出たきり帰ってこず、探索船が出たものの未だ行方が分からないのだ。サーシャは祖父を探しに、北極圏を目指して旅に出る。

2019年9月6日(金)公開 / 上映時間:81分 / 製作:2015年(仏=デンマーク) / 配給:リスキット=太秦

(C)2015 SACREBLEU PRODUCTIONS / MAYBE MOVIES / 2 MINUTES / FRANCE 3 CINEMA / NORLUM

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー