わたしはロランス

わたしはロランス

ワタシハロランス
KAURENCE ANYWAYS

2013年9月7日(土)公開 / 上映時間:168分 / 製作:2012年(カナダ=仏) / 配給:アップリンク

解説 本作を含め監督作全てがカンヌ国際映画祭に出品されている弱冠24歳の新鋭グザヴィエ・ドラン監督が描く異色ラブストーリー。女性になりたいという密かな願望を持つ男と、その秘密を知ることになった恋人の10年にわたる美しく切ない恋愛を描き出す。感情が激しく揺れ動くカップルを演じきったメルヴィル・プポーとスザンヌ・クレマンに注目。

ストーリー 国語教師を務めるロランスは、最愛の恋人フレッドに“女になりたい”という欲望を告白する。それを聞いたフレッドは彼を激しく非難するが、やがて彼の理解者になろうと決意。ふたりは周囲の無理解や偏見、拒否反応に立ち向かいながら自らの道を歩んでいく。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:グザヴィエ・ドラン

キャスト

ロランス・アリア:メルヴィル・プポー
フレッド・ベレール:スザンヌ・クレマン
ジュリエンヌ・アリア:ナタリー・バイ

わたしはロランスの画像