恩地日出夫

オンチヒデオ

1955年、東宝に入社。監督デビューの頃から、新しい青春映画の担い手と目され、「あこがれ」(1966)、「伊豆の踊子」(1967)、「めぐりあい」(1968)などの秀作を発表。TVでも、芸術祭優秀賞に輝く『戦後最大の誘拐-吉展ちゃん事件』(1979)のような、力作を作っている。