蕨野行(わらびのこう)

ワラビノコウ

2003年10月4日(土)公開 / 上映時間:124分 / 製作:2003年(日本) / 配給:東映=タイムズ・イン=日本の原風景を映像で考える会

解説 『四万十川』の恩地日出夫監督が芥川賞作家、村田喜代子の同名小説を映画化した渾身の力作。江戸時代、60歳以上の老人だけが住むという村を舞台に、そこで生きる人々の姿を、季節の移り変わりと共に、じっくり見つめていく。腰のすわった演出と共に、『黒い雨』の市原悦子、近年は三池崇史作品でおなじみの石橋蓮司らベテラン陣の妙演が光る。

ストーリー 江戸時代中期。その村では、ひとつの約束事があった。60歳を越えたら、村を出て人里離れた原野、蕨野の丘に移り住むのだ。山の雪が溶けだす春、8人の老人が蕨野入りする。そのうちのひとり、床屋の姑、レンの姿を見つめる。

情報提供:ぴあ