ジェーン・バーキン

ジェーンバーキン

モデルをしている時に「ナック」(1965)に出演し、映画デビュー。ミケランジェロ・アントニオーニ監督の「欲望」(1966)で注目される。その後、フランスに移住し、セルジュ・ゲンズブールと結婚し、シャルロット・ゲンズブールを産むが、12年後に離婚。ジャック・ドワイヨン監督と出会い、ルー・ドワイヨンを出産している。