コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

手塚治虫や水木しげるらの戦争作品収録したアンソロジー

137

戦争をテーマにした短編マンガのアンソロジー「漫画が語る戦争 戦場の挽歌」「漫画が語る戦争 焦土の鎮魂歌」の2冊が、本日7月29日に小学館クリエイティブより発売された。

このアンソロジーは戦争の悲惨さや平和の尊さを、若い世代に伝えるために編纂されたもの。戦争で生き残った男の不思議な体験を描く手塚治虫の「カノン」や、水木しげるの自伝的作品「敗走記」など、単行本2冊に全20作が収録されている。

収録作品

漫画が語る戦争 戦場の挽歌
水木しげる「敗走記」
楳図かずお「死者の行進」
野間宏原作、滝田ゆう「真空地帯」
古谷三敏「噺家戦記 柳亭円治」
新谷かおる「イカロスの飛ぶ日」
比嘉慂「砂の剣」
立原あゆみ「手紙・敬礼」(「銀翼―つばさ―」より)
湊谷夢吉「『マルクウ』兵器始末」
かわぐちかいじ「一人だけの聖戦」(「テロルの系譜」より)
白土三平「泣き原」
倉田よしみ「若竹煮」(「味いちもんめ」より)

漫画が語る戦争 焦土の鎮魂歌
手塚治虫「カノン」
巴里夫「石の戦場」
早乙女勝元原作、政岡としや「火の瞳」
北条司「少年たちのいた夏」
中沢啓治「黒い鳩の群れに」
曽根富美子「ヒロシマのおばちゃん」
ちばてつや「家路1945~2003」
山上たつひこ「回転」
村野守美「御身大事に」(「垣根の魔女」より)

コミックナタリーをフォロー