浦沢直樹、「サイボーグ009」への思い入れを熱く語る

81

石ノ森章太郎「サイボーグ009 [カラー完全版] 1965 ベトナム編/ミュートス・サイボーグ編)」が12月に発売されることを記念して、浦沢直樹が1700字を超えるコメントを寄稿した。復刊ドットコムの公式サイトにて公開されている。

「サイボーグ009 [カラー完全版] 1965 ベトナム編/ミュートス・サイボーグ編)」

「サイボーグ009 [カラー完全版] 1965 ベトナム編/ミュートス・サイボーグ編)」

大きなサイズで見る

コメントで浦沢は、秋田書店サンデーコミックス版の「サイボーグ009」2巻を購入するまでの少年時代のエピソードを披露。また「'60年代後半、石森章太郎(石ノ森ではなく)は、私にとって最もカッコいい漫画家だった」と語り、「009」の魅力を熱く述べた。

このコメントは当初、「サイボーグ009 [カラー完全版] 1965 ベトナム編/ミュートス・サイボーグ編)」の帯に掲載するために浦沢に依頼されていたもの。だが浦沢は帯の限られたスペースでは「サイボーグ009」への思いは語り尽くせないとして、急遽長文コメントを寄稿したという。帯にはこのコメントの抜粋版が、復刊ドットコムのサイトでは全文が掲載されている。

「サイボーグ009 [カラー完全版]」は史上初のB5判、そして雑誌連載時のオリジナル版を忠実に再現した単行本シリーズ。第1弾「地下帝国ヨミ編」、第2弾「誕生編/暗殺者編」、そして第3弾にあたる「ミュートス・サイボーグ編」の全3巻構成で、復刊ドットコムより刊行中だ。

関連する特集・インタビュー

浦沢直樹のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 浦沢直樹 / 石ノ森章太郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。