コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

花とゆめで囲碁マンガ始動、13歳の少女がプロ棋士目指す

505

モリエサトシの新連載「星空のカラス」が、10月5日発売の花とゆめ21号(白泉社)にてスタートする。

「星空のカラス」の主人公は、髪を切るのを忘れるほどに囲碁に夢中な13歳の少女・烏丸和歌。和歌はプロ棋士だった祖父から碁を教わり、天才棋士・鷺坂総司の対局に感銘を受けプロの棋士を目指す。花とゆめ14号に掲載された読み切りが好評を博し、晴れて連載化された。

このほか花とゆめ21号には、アニメ放送がスタートした鈴木ジュリエッタ「神様はじめました」の「ミカゲ社☆開運携帯クリーナー」が付属している。

コミックナタリーをフォロー