コミックナタリー - マンガ・アニメの最新ニュースを毎日配信

大橋裕之のDIYロックマンガ「音楽」アニメ映画化決定

238

「シティライツ」などで知られる大橋裕之のマンガ「音楽」のアニメ映画化が決定した。

「音楽」は、楽器を触ったこともなかった不良たちが思いつきでバンドを組むところから始まるロック奇譚。大橋が2005年に自費出版にて発表した作品で、2009年に太田出版から発売された単行本「音楽と漫画」に収録されている。

映画の監督は、「福来町、トンネル路地の男」「Big Boss」などの短編作品で知られるアニメーション監督・岩井澤健治が担当。またドキュメンタリー監督の松江哲明と、原作の担当編集者であるライターの九龍ジョーが共同プロデューサーを務め、大橋も監修およびキャラクターデザインとして制作に参加する。

公開時期などは未定。制作サイドは、「本作の制作体制、制作過程、上映方法、資金繰りなどを随時公開し、完成作品のみならず、そのプロセスにおいても、現代における映画づくりの可能性を少しでも拡げる作品にしたい」と語っている。また本日9月1日に発売された雑誌・EYESCREAM(音楽と人)には、今作の構想などについて松江が語るインタビューを掲載。併せて、本日よりポータルサイト「EYESCREAM.JP」内にて、松江による制作日誌ブログが始動した。

コミックナタリーをフォロー