花の記憶を詠み解き、事件を解決 中華後宮ファンタジー「後宮の花詠み仙女」1巻

3

51

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 6 22
  • 23 シェア

風都ノリ「後宮の花詠み仙女」1巻が、本日7月10日に発売された。松藤かるりの小説を原作としたコミカライズ作品だ。

「後宮の花詠み仙女」1巻

「後宮の花詠み仙女」1巻

大きなサイズで見る(全9件)

「後宮の花詠み仙女」の主人公・紅妍は、花に宿った記憶を詠み解くことができる華仙術の使い手。帝による仙術師狩りが過去に行われ、その追手から逃げた紅妍の一族は隠れ里に身を潜めながら暮らしていた。そのため仙術が使えない子は可愛がられる一方で、強い仙術が継承されてしまった紅妍は村の中で迫害の対象に。そんな中、里を訪れた第四皇子・秀礼に捕まり、紅妍は後宮へと連行される。華仙術が使えることを外の人間に知られれば命はないと、実の家族からも疎まれてきた紅妍は死を覚悟。しかし彼女が連れてこられたのは、宮城で起こる問題を華仙術で解決するためだった。

この記事の画像(全9件)

読者の反応

  • 3

Audibleランキング紹介 @RankingAudibks

【コミックニュース】

花の記憶を詠み解き事件を解決する、中華後宮ファンタジー

https://t.co/ACB5hACD8x

#ナタリー #コミックニュース

コメントを読む(3件)

風都ノリのほかの記事

リンク

関連商品

あなたにおすすめの記事

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 風都ノリ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。