コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

岡崎京子の未完作「森」が初単行本化、初公開カラーも収録

394

岡崎京子による未完の作品「森」の単行本化が決定した。「岡崎京子未刊作品集 森」のタイトルで、8月8日に祥伝社より発売される。

「森」は「ヘルタースケルター」の連載終了直後から全3話の予定でスタートしたが、不慮の事故によって1話で中断している作品。「岡崎京子未刊作品集 森」では、フィール・ヤング1996年6月号(祥伝社)に掲載された「森」第1話に加え、雑誌未掲載の第2話カラー扉や予告カットも初公開される。

また単行本初収録となる短編7編のほか、1990年に発売された「ショコラな気持ち」に左開きで掲載されている「毎日がバレンタインだったら」などの短編3編を、執筆時の意図であったと思われる右開きに戻して収録。初収録となるカットも多数掲載される予定だ。

「岡崎京子未刊作品集 森」収録作

「森」第1回
「森」第2回扉
「口に口紅 目に青葉」
「秋は柿色」
「GO GO!! 中学生」「LOVE LOVE 中学生」「化粧品セールスマン乃ココロ」
「毎日がクリスマスだったら…」
「毎日がバレンタインだったら」「一年目のユウウツ」「いつか王子様が…」
「タルカムパウダー」
「やさしくしてね」
「BABY IN ACTION GO!! GO!! GO!!」

コミックナタリーをフォロー