コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ふるかわしおり、エロマンガ家描く新連載!屍鬼は最終回

61

本日6月4日に発売されたジャンプスクエア7月号(集英社)にて、「ファイブ」で知られるふるかわしおりの新連載「はにめろ。」がスタートした。

ジャンプスクエア2010年9月号に読み切り版が掲載され好評を博し、晴れて連載化されることとなった「はにめろ。」。主人公の現役高校生エロマンガ家・蜜丸は、憧れの学級委員長をモデルにエロマンガを描いていたが、ある日そのことが彼女に知られてしまい、2人はある秘密を共有することになる。今号では新連載開始を記念して、ボクサーパンツを抽選でプレゼント。ピンク、緑、青、紫、グレーの5種類が、それぞれ20名、合計100名に当たる。

また今号には梶研吾原案による寺田克也の読み切り「唐獅子キッズ」が掲載されているほか、小野不由美原作による藤崎竜「屍鬼」は約3年半の連載に幕を閉じた。単行本最終11巻は7月4日に発売される予定。また太田垣康男原作による村田雄介「曇天・プリズム・ソーラーカー」も最終回を迎えた。

なお7月4日に発売される次号ジャンプスクエア8月号では、上野祥吾の新連載「長谷部さんのいる野球部」がスタート。また中村尚儁がジャンプSQ.19で連載中の「1/11 じゅういちぶんのいち」が読み切りで登場する。

コミックナタリーをフォロー