コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

萩尾望都も感無量!幻のシーン満載「火の鳥」全集が初刊行

191

手塚治虫が“生命と愛と死”をテーマに、足かけ35年間にわたって描いた大作「火の鳥」。これまで発売されてきた単行本は雑誌連載時から改編が加えられていることが多く、ファンの間では初出時を再現したオリジナル版の刊行が長らく待たれていた。その悲願を叶える「火の鳥《オリジナル版》復刻大全集」が、復刊ドットコムよりついに全12巻で発売される。

コミックナタリーではこれを記念し、手塚作品に胸を打たれマンガ家を志したという萩尾望都へのインタビューを敢行。「火の鳥」という作品の魅力や思い出深いエピソード、オリジナル版の見どころなどを心ゆくまで語ってもらった。

関連する特集記事

火の鳥PR

コミックナタリーをフォロー