ジャンフェス島アプリが本日リリース、ルフィによる紹介映像も

56

集英社によるイベント「ジャンプフェスタ2022」の“ジャンフェス島アプリ”こと「ジャンプフェスタ2022 ONLINE」が、本日12月6日にリリースされた。

ルフィによる「ジャンフェス島アプリ」の紹介映像。

ルフィによる「ジャンフェス島アプリ」の紹介映像。

大きなサイズで見る(全21件)

12月18日と19日にバーチャル会場とリアル会場の千葉・幕張メッセで開催される「ジャンプフェスタ2022」。「ジャンプフェスタ2022 ONLINE」はバーチャル会場・ジャンフェス島への入場に必要なアプリで、“キャラ”と呼ばれるアバターを操作して島内を回ることができる。会場は12月17日18時にプレオープンし、19時から声優が多数参加する「前夜祭」が開催されたのち、翌日18日9時にオープンする。

「僕のヒーローアカデミア」の「スペシャルプログラム」のビジュアル。

「僕のヒーローアカデミア」の「スペシャルプログラム」のビジュアル。[拡大]

ジャンフェス島内のビルの一部やフラッグ、ポスター、マンホールは作品をモチーフとしたデザインに仕上げられた。さらにジャンフェス島全体が作品の名シーンで彩られる豪華な演出「スペシャルプログラム」も実施。1日目は「僕のヒーローアカデミア」、2日目は「ONE PIECE」をテーマに行われる。また島にいるキャラクターに話しかけると依頼される12のミッションをすべてクリアすると、自分のキャラにユニークなエフェクトを付けられるスタンプがゲットできる。

ジャンプスーパーステージのイメージ。

ジャンプスーパーステージのイメージ。[拡大]

加えてジャンフェス島内の4会場で配信される総計34ステージのタイムテーブルと、各ステージの様子が公開に。「ジャンプフェスタ」公式Twitter(@jumpfesta)では、「ジャンフェス島アプリ」をジャンプ作品のキャラクターが紹介するムービーを順次披露していく。本日12月6日公開の第1弾では、「ONE PIECE」のルフィが「マンガビル」や「ジャンプ原画ミュージアム」などについて教えてくれる。

また公式Twitterでは、カウントダウン企画「オリジナル画像プレゼント」を本日12月6日から17日まで開催。人気作品のキャラが描かれた全12種類の画像が、毎日1種類ずつ投稿される。

この記事の画像(全21件)

関連記事

リンク

(c)SHUEISHA Inc. All rights reserved.

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。