コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

武将がいっぱい!静岡で大規模な戦国祭、宮下英樹も参加

43

「戦国」をテーマにしたイベント「第一回 静岡戦国祭」が、1月23日に静岡県・静岡市駿府公園ほかにて開催。この会場内で、「センゴク」シリーズで知られる宮下英樹のサイン会が開催される。

このイベントは静岡県内に数多く残る城・城址および戦国時代の物語と合戦、静岡県ゆかりの戦国武将を紹介するWEBサイト「Shizuoka 城と戦国浪漫」のオープンを記念したもの。宮下はサイン会後に特別シンポジウム「桶狭間を語る!!」にも登壇する。シンポジウムの参加には公式サイトから事前申し込みが必要。

また駿府公園内巽櫓では宮下の著作「センゴク外伝 桶狭間戦記」の原画展を開催。2月27日まで1カ月間の展示で、入場料200円が必要だ。このほか各地で活躍する武将隊や歴史タレントらが登場するステージイベントや戦国グッズの販売、飲食含む各種ブースの出店など、戦国ファンにはたまらない催しが多数用意されている。

第一回 静岡戦国祭

日時:2011年1月23日(日)9:30~15:30 ※雨天決行
会場:駿府公園 紅葉山庭園前広場、巽櫓、静岡県立中央図書館
入場無料(巽櫓は入場料200円)

コミックナタリーをフォロー