政府に使役されるヴァンパイアが帝都を駆け巡る、唐々煙「MARS RED」完結

2

44

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 9 31
  • 4 シェア

藤沢文翁原作による唐々煙「MARS RED」が、本日7月5日発売の月刊コミックガーデン8月号(マッグガーデン)で最終回を迎えた。

月刊コミックガーデン8月号

月刊コミックガーデン8月号

大きなサイズで見る

同名音楽朗読劇のコミカライズとして2019年に連載がスタートし、2021年4月にはTVアニメ化もされた「MARS RED」。時は大正時代、4人の男たちはヴァンパイア・ウイルスに感染し、太陽光に弱く、強い臭気に耐えられず、血液しか摂取できない身体になってしまった。「零機関」として政府に使役されることになった彼らは、ヴァンパイアを狩るため夜な夜な帝都を駆け巡り……。なお単行本の最終3巻は7月14日に発売される。

また月刊コミックガーデン8月号では、新刊発売とTVアニメの放送開始を記念し、安村洋平「迷宮ブラックカンパニー」が表紙と巻頭カラーで登場。付録として同作の「求人情報誌風掛替ブックカバー」も同梱された。

読者の反応

  • 2

@you_7_

https://t.co/7srGVLWnwh

コメントを読む(2件)

関連記事

唐々煙のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 唐々煙 / 安村洋平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。