コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「おまけの小林クン」文庫化、新作サイドストーリーも掲載

103

森生まさみ「おまけの小林クン」文庫版の刊行がスタート。全8巻を予定しており、本日1月14日に1・2巻が同時発売された。

文庫版では全巻に描き下ろし「N・G出張版」を掲載。3月に発売される3巻からは、新作サイドストーリーが連載される。1巻のカバーイラストは森生の描き下ろしだ。

また1巻の解説は「たれぱんだ」の作者末政ひかるが担当。「おまけの小林クン」の主人公大和とのコラボイラストも寄せられており、たれぱんだ好きの森生は「幸せすぎて、今年の運は使い果たしました(笑)!」と歓喜のコメントを残した。

「おまけの小林クン」は小林という姓の生徒3人と、小学生のような風貌をした愛らしい転校生・小林大和を中心に描かれる学園コメディー。LaLa(白泉社)にて1996年から2005年まで連載されていた。

コミックナタリーをフォロー