「竜とそばかすの姫」主人公のすず/ベル役はミュージシャンの中村佳穂、劇中歌も担当

239

細田守が監督・脚本・原作を務めるアニメ映画「竜とそばかすの姫」のキャストが発表された。主人公のすず/ベル役を、ミュージシャンの中村佳穂が演じる。

中村佳穂のアフレコでの様子。

中村佳穂のアフレコでの様子。

大きなサイズで見る(全10件)

左からすず、ベル(CV:中村佳穂)。 (c)2021 スタジオ地図

左からすず、ベル(CV:中村佳穂)。 (c)2021 スタジオ地図[拡大]

7月16日に公開される「竜とそばかすの姫」は、高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生のすずが、インターネット上の仮想世界“<U>”を知ることから始まる長編アニメーション。“ベル”という名のアバターで<U>に参加し、その歌声で人気者になったすずが、竜の姿をした謎の存在と出会うことから物語は動き出す。細田監督が数年前に中村のライブに足を運んで以来、親交があったという2人。「竜とそばかすの姫」のオーディションでは、監督をはじめその場にいた誰しもが中村の歌声とその存在感に圧倒され、演技は未経験ながらすず/ベル役での出演が決まったとのことだ。

中村からはコメントが到着。「今まで歌を歌うことしかしてこなかったので、アフレコでは最初は監督がおっしゃることを聞いただけでは理解できない部分が多かったのですが、日が経つにつれ、“あ、すずはこういう人なんだ”と、監督の意図が少しずつ見え、だんだん楽しくなっていきました」と収録を振り返り、「まさか細田監督の作品に参加することになるなんて、嬉しい気持ちです」と喜びを語っている。また中村がベルとして、作品の軸になる劇中歌を数曲披露することも明かされた。

中村佳穂(すず/ベル役)コメント

中村佳穂

中村佳穂[拡大]

実は監督とは、数年前に、奈良でライブをした時にお会いしていて...楽屋に届いた一升瓶を見て「どなたからですか?」と会場の方に聞いたら、「細田監督からです」と言われ、まさかと思っていたら、その奥に監督がいらしたんです。そこからのご縁で何度か演奏をご覧いただいて、本当に気さくに話しかけてくれる素敵な方だなと思っていたのですが、今回オーディションに参加し、まさかこんなご縁に繋がるとは思っていませんでした。
今まで歌を歌うことしかしてこなかったので、アフレコでは最初は監督がおっしゃることを聞いただけでは理解できない部分が多かったのですが、日が経つにつれ、“あ、すずはこういう人なんだ”と、監督の意図が少しずつ見え、だんだん楽しくなっていきました。
初めての経験で何から練習したら良いのか分からなかったので、ベルの時はヒールの高いパンプスを履き、すずの時にはなるべく低い靴を履いて喋ってみたりと、服装に手伝ってもらいながら、すずとベルを演じ分けました。
細田監督の作品の出会いは、高校生の頃、梅田で母と『時をかける少女』を観に行った思い出があります。そんな自分がまさか細田監督の作品に参加することになるなんて、嬉しい気持ちです。

この記事の画像・動画(全10件)

「竜とそばかすの姫」

2021年7月16日より全国東宝系にて公開

スタッフ

原作・脚本・監督:細田守
企画・制作:スタジオ地図

キャスト

中村佳穂、成田凌、染谷将太、玉城ティナ、幾田りら、森川智之、津田健次郎、小山茉美、宮野真守ほか

全文を表示

関連記事

細田守のほかの記事

リンク

(c)2021 スタジオ地図

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 細田守 / 中村佳穂 / 竜とそばかすの姫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。