コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

ホリエモンの小説「拝金」コミカライズがゼノンで開始

24

堀江貴文の小説「拝金」のコミカライズが、発売中の月刊コミックゼノン2011年2月号(徳間書店)にてスタートした。描き手は竹谷州史が務める。

「拝金」は、フリーターからIT長者への道を駆け上がる青年を描いた経済ドラマ。マンガ版の第1話では、主人公をIT長者へと導く謎の男との出会いが描かれる。コミカライズのスタートを記念して、今号では堀江とゼノン編集長の対談も掲載。

また今号では高瀬志帆による新連載「おとりよせ王子 飯田好実」もスタート。付録のDVDでは、10月2日に吉祥寺シアターで開催された1日限りのイベント「エンジェル・ハート~羽ばたける者たちへ~」の模様を収録している。

※記事初出時、作家名と作品名に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

コミックナタリーをフォロー