映画「ゾッキ」原作ファンのコウテイ九条、自画自賛するも齊藤工にツッコまれる

221

大橋裕之原作による実写映画「ゾッキ」の公開直前イベントが、本日3月20日に東京・スターライズタワーで実施され、大橋、監督の竹中直人山田孝之齊藤工斎藤工)、キャストの鈴木福九条ジョーコウテイ)、松井玲奈が登壇した。

映画「ゾッキ」の公開直前イベントより。

映画「ゾッキ」の公開直前イベントより。

大きなサイズで見る(全13件)

鈴木福

鈴木福[拡大]

松井玲奈

松井玲奈[拡大]

大橋の短編集「ゾッキA」「ゾッキB」を原作に、竹中、山田、齊藤の3人が監督を担当する映画「ゾッキ」。竹中が監督するパートに出演した鈴木は、過去にも共演した竹中と撮影できたことを喜びながら、「今までになかった役だったので、自分自身戸惑いながらも、竹中監督に教わりながらすごく楽しく撮影できました」と思い返す。また竹中は朗読劇で共演した鈴木のキャスティング理由を「声の音色」と話し、同じく竹中のパートに出演する松井の起用理由も「声の音色。あと振り向いたときの首の線」とコメントした。

九条ジョー(コウテイ)

九条ジョー(コウテイ)[拡大]

左から齊藤工、九条ジョー(コウテイ)。

左から齊藤工、九条ジョー(コウテイ)。[拡大]

竹中直人

竹中直人[拡大]

齊藤の監督パートに参加したのは演技初挑戦となる九条。オファーを受けた際は「ドッキリだと思っていた」と振り返る。大橋の「シティライツ」の愛読者で「ゾッキ」も原作のファンだったという九条は「まさか『ゾッキ』という作品で、しかも好きな話の伴くんとして出演させていただけるということだったので。人生で一度も坊主にしたことがなかったんですけど、『もう全然髪もいらないんで好きに使ってください』とオファーを受けました」と作品への愛を明かした。そして衣装合わせの際、齊藤にバリカンで髪を剃られたと言い、「いざ鏡を見たら、伴がそこにいるというか。まさか自分がここまで作品に忠実になれるとは思わなくて、さすが工監督!と思いました」と回想。すると、それを聞いた齊藤から「自分で『伴がそこにいる』って言えるのすごいな(笑)」とツッコミが飛んだ。

大橋裕之

大橋裕之[拡大]

短編集である原作が、1本の長編映画として制作された今回の映画。完成作品の感想を聞かれた大橋は「最初はどうなるんだろうと思っていたので、最初に観たときはなかなか自然に観られなくて。でも何度も観ていたらただただ面白くて。僕の原作よりしっかり楽しいなと思いました」と感想を述べる。また「(キャストの)皆さん、もうばっちりです。マンガよりすごくいいです」と称賛した。

左から山田孝之、鈴木福。

左から山田孝之、鈴木福。[拡大]

そのほかイベントでは「明日がちょっと、楽しくなる。」という映画のコピーにちなんだ質問コーナーも展開。「明日をちょっと楽しくするために工夫していることは?」と質問された山田は「誰とでも仲良くなれるタイプなんですけど、ちょっと苦手だなという人が5000人くらいいる」と話し始め、「そういう人たちの家の近くに落とし穴を掘りに行くんです」と冗談交じりに回答し会場の笑いを誘った。

映画「ゾッキ」は4月2日に全国ロードショー。愛知・蒲郡市では本日から先行上映されているほか、愛知県では3月26日に公開される。

この記事の画像・動画(全13件)

映画「ゾッキ」

2021年3月20日(土)愛知県蒲郡市先行公開
2021年3月26日(金)愛知県先行公開
2021年4月2日(金)全国公開

スタッフ

監督:竹中直人山田孝之齊藤工
原作:大橋裕之ゾッキA」「ゾッキB」(カンゼン刊)
脚本:倉持裕
音楽:Chara
配給:イオンエンターテイメント

キャスト

吉岡里帆、鈴木福、満島真之介、柳ゆり菜、南沙良、安藤政信、ピエール瀧、森優作、九条ジョーコウテイ)、木竜麻生、倖田來未、竹原ピストル、潤浩、松井玲奈、渡辺佑太朗、石坂浩二(特別出演)、松田龍平、國村隼

全文を表示

関連記事

大橋裕之のほかの記事

リンク

関連商品

(c)2020「ゾッキ」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 大橋裕之 / 竹中直人 / 山田孝之 / 齊藤工 / 鈴木福 / 九条ジョー / コウテイ / 松井玲奈 / 斎藤工 / ゾッキ の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。