悲劇の王妃に転生「悪役令嬢に転生したはずがマリー・アントワネットでした」1巻

58

小出よしと「悪役令嬢に転生したはずがマリー・アントワネットでした」1巻が、本日2月22日に発売された。

「悪役令嬢に転生したはずがマリー・アントワネットでした」1巻

「悪役令嬢に転生したはずがマリー・アントワネットでした」1巻

大きなサイズで見る(全3件)

現代日本で暮らしていた27歳の主人公が、11歳の美少女・アントニアとして目を覚ましたところから物語が動き出す「悪役令嬢に転生したはずがマリー・アントワネットでした」。彼女は周囲の景色や人物たちの様子から、自分が乙女ゲームの悪役令嬢に異世界転生しているのだろうと推察する。しかし数年後、母親との会話の中で“フランス”という言葉が出てきたことで、この世界が異世界などではなかったことが発覚。さらにはマリア・アントニアという自分の名前も、フランス語風に発音すると“マリー・アントワネット”だと教えられる。それは「世界史なんて全然わからーん!!」と思っていた彼女さえ知っている、世界一有名な悲劇の王妃の名前だった。同作は月刊コミックフラッパー(KADOKAWA)で連載中。アニメイト、WonderGOOでは購入特典が用意された。

この記事の画像(全3件)

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。