マンガ・アニメの“アーカイブ”の現在を知る、多彩なトークセッション動画を無料公開

79

マンガ・アニメなどのメディア芸術の“アーカイブ”にスポットを当てた、有識者によるトークセッションやインタビューを視聴・閲覧できるWebサイト「MAGMA sessions~マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアートのアーカイブの現在~」が、本日2月16日に公開された。

「MAGMA sessions〜マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアートのアーカイブの現在〜」メインビジュアル

「MAGMA sessions〜マンガ・アニメーション・ゲーム・メディアアートのアーカイブの現在〜」メインビジュアル

大きなサイズで見る(全4件)

文化庁の令和2年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業の一環として開設された「MAGMA sessions」。マンガ・アニメ・ゲーム・メディアアート分野における、作品や資料を長期的に保存・管理するアーカイブ活動について、その課題や意義、面白さを広く伝えることを目的に展開される。トークセッションやインタビューにはマンガ家の赤松健、編集者の伊藤ガビン、角川武蔵野ミュージアム図書館担当の坂倉基氏、Production I.GのIPマネジメントチームアーカイブ担当・山川道子氏、横手市増田まんが美術館の大石卓館長らが参加。「ネット・デジタル社会におけるアーカイブの公開・活用」「アーカイブ・企画展の現在地~『機動警察パトレイバー 2 the Movie』『ゲンガノミカタ展』の現場から~」といったテーマのもと、それぞれの見地から意見を交わしている。

各コンテンツは本日より動画・テキスト・音声の3形式で順次無料公開。サイト内には専門用語の解説ページも用意された。2月19日にライブ配信される令和2年度メディア芸術連携基盤等整備推進事業の成果報告会の様子を除き、いずれも公開後から3月31日まで楽しむことができる。

この記事の画像(全4件)

赤松健のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 赤松健 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。