アニメ「東京リベンジャーズ」タケミチ役は新祐樹!林勇、鈴木達央らキャスト発表

2365

和久井健原作によるTVアニメ「東京リベンジャーズ」が2021年4月より放送開始。メインキャスト・スタッフ、PVなどが公開された。

現代の花垣武道(CV:新祐樹)
人生どん底のダメフリーター。中学時代が人生のピークで、当時付き合っていた唯一の恋人の橘日向(ヒナタ)が殺されたことをニュースで知る。ある日、突如12年前へタイムリープすることになる。

現代の花垣武道(CV:新祐樹) 人生どん底のダメフリーター。中学時代が人生のピークで、当時付き合っていた唯一の恋人の橘日向(ヒナタ)が殺されたことをニュースで知る。ある日、突如12年前へタイムリープすることになる。

大きなサイズで見る(全10件)

人生どん底のダメフリーター・タケミチこと花垣武道役を新祐樹、東京卍會・総長のマイキーこと佐野万次郎役を林勇、東京卍會・副総長でドラケンこと龍宮寺堅役を鈴木達央が担当。またタケミチが中学時代に付き合っていた人生唯一の恋人、ヒナタこと橘日向役を和氣あず未、ヒナタの弟でタケミチがタイムリープするきっかけとなる、ナオトこと橘直人役を逢坂良太が演じる。併せて公開されたPVでは、5人の声を聞くことができる。

また監督を初見浩一、シリーズ構成をむとうやすゆき、キャラクターデザインを大貫健一・太田恵子が務め、アニメーション制作はライデンフィルムが手がける。なお、12月23日発売の週刊少年マガジン2021年4・5合併号(講談社)には、今回公開されたキャラクター設定画やキャスト情報が掲載される。

週刊少年マガジンにて連載中の「東京卍リベンジャーズ」は、タイムリープの能力を持った主人公・花垣武道を描く物語。中学時代に付き合っていた恋人・橘日向が、悪党連合“東京卍會”に殺されたことを知ったタケミチが、12年前にタイムリープして逃げ続けた人生を変える姿が描かれる。なお、北村匠海(DISH//)主演による実写映画化も決まっている。

この記事の画像・動画(全10件)

TVアニメ「東京リベンジャーズ」

2021年4月放送予定

スタッフ

原作:和久井健「東京卍リベンジャーズ」(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:初見浩一
シリーズ構成:むとうやすゆき
キャラクターデザイン:大貫健一、太田恵子
音響監督:飯田里樹
音楽:堤博明
アニメーション制作:ライデンフィルム

キャスト

花垣武道(タケミチ):新祐樹
橘日向(ヒナタ・ヒナ):和氣あず未
橘直人(ナオト):逢坂良太
佐野万次郎(マイキー):林勇
龍宮寺堅(ドラケン):鈴木達央

全文を表示

関連記事

和久井健のほかの記事

リンク

関連商品

(c)和久井健・講談社/アニメ「東京リベンジャーズ」製作委員会

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 和久井健 / 和氣あず未 / 逢坂良太 / 林勇 / 鈴木達央 / 新祐樹 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。