「ラストイニング」の神尾龍と中原裕が描く、野球選手とヤクザの友情物語

44

本日12月11日に発売された週刊漫画ゴラク12月25日号(日本文芸社)には、「ラストイニング」の神尾龍が原作を、中原裕が作画を担当する読み切り「はぐれもの~アウトロー~」が掲載されている。

週刊漫画ゴラク12月25日号

週刊漫画ゴラク12月25日号

大きなサイズで見る

「はぐれもの~アウトロー~」はプロ野球チームのエース・新郷真先と、ヤクザの藤見弦を描く友情譚。高校時代に野球部のチームメイトで甲子園出場まであと一歩だった2人だが、とある事件によって地方大会の出場を辞退することになり、以降顔を合わせることはなかった。そんな中、日本シリーズの最終戦で先発を務める新郷の元に、「今日の試合負けてください」という電話が入ったことから物語は動き出す。

中原裕のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 中原裕 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。