ドラマ「おじさまと猫」猫のふくまる役に神木隆之介「とにかく、キュートな物語です」

1899

桜井海原作によるTVドラマ「おじさまと猫」の追加キャストが発表された。草刈正雄演じる神田冬樹の愛猫・ふくまるの声を神木隆之介が演じる。

ふくまる(左)、神木隆之介(右)。(c)「おじさまと猫」製作委員会

ふくまる(左)、神木隆之介(右)。(c)「おじさまと猫」製作委員会

大きなサイズで見る(全7件)

2021年1月6日24時58分よりテレビ東京の「ドラマパラビ」枠ほかにて放送開始される同作は、妻に先立たれた有名ピアニスト・神田冬樹が、ペットショップで売れ残っていた猫のふくまると出会うことから始まる物語。ガンガンpixiv、月刊少年ガンガン(スクウェア・エニックス)で連載されている。

神木が演じるふくまるは、長くペットショップで売れ残っていたエキゾチックショートヘアのオス猫。自分を引き取って大事にしてくれる神田を「パパさん」と呼び慕っている。神木はふくまる役を演じることについて「どのくらいキャラクターとして喋るのか、実写との温度差、ふくまるの動きなどを見つつ、声のトーンや言い回しを、フィクションなんだけど、すっと受け入れてもらえるような、ノンフィクションさを出せたらいいなと思って演じました」とコメントを寄せている。

神木隆之介(ふくまる役)コメント

台本を読んだとき、すごく心が暖かくなり、そして可愛らしいストーリーだなと思いました。
主人公の”おじさま”は、すごくキュートな方でどんどん心が溶けていく、おじさまの時間が動いていく様が気になりますが、対して、ふくまるは、純粋でまっすぐな子だと思いました。最初は卑屈な子なんですがおじさまと同じようにキュートな子という印象でした。
そんなふくまるを声で演じるということで、どのくらいキャラクターとして喋るのか、実写との温度差、ふくまるの動きなどを見つつ、声のトーンや言い回しを、フィクションなんだけど、すっと受け入れてもらえるような、ノンフィクションさを出せたらいいなと思って演じました。
ペットショップで不遇な想いをしていた猫、ふくまるを救ってくれたおじさま(神田冬樹)という存在は、何か、直感で通じ合うものがあったのかな~と思います。それは心の穴の開き方なのか、どこか根底にある同じ時の進み方なのか、そこの直感でふくまるだと言ってくれたおじさまは、本能的であり動物的直感で選んでくれたのかなと。
「紳士でお茶目なおじさまと、お供できてよかったね!ふくまる」って気持ちです。
このドラマは、とにかく、キュートな物語です。
ただ、それだけでなく、ヒューマンドラマでもあり感動もある家族のお話なので、ぜひ心温まっていただけたら嬉しいです。

テレビ東京・濱谷晃一プロデューサーコメント

クランクイン前に読み合わせを行ったのですが、神木さんの演じるふくまるの声を聞いて、草刈さんが笑顔で「素晴らしい」と拍手をしたのが印象的でした。ふくまるが神木さんによって命を吹き込まれる瞬間を見た気がしました。
テレビ東京の25時台の深夜ドラマに、草刈正雄さん×神木隆之介さん。贅沢すぎて夢を見ているようです。
ぜひ、みなさん1月の放送をお楽しみに!

この記事の画像(全7件)

ドラマ「おじさまと猫」

テレビ東京、テレビ大阪にて2021年1月6日(水)より毎週水曜24:58~25:28※BSテレ東でも放送予定
Paraviで2021年1月1日(金)21:00~独占先行配信

出演:草刈正雄
声の出演:神木隆之介
脚本:ふじきみつ彦、伊達さん(大人のカフェ)
監督:椿本慶次郎、副島正寛
チーフプロデューサー:山鹿達也(テレビ東京)
プロデューサー:濱谷晃一、田中智子(ともにテレビ東京)、櫻井雄一、山邊博文(ともにソケット)
制作:テレビ東京、ソケット
製作著作:「おじさまと猫」製作委員会
原作:桜井海『おじさまと猫』(掲載 ガンガンpixiv/月刊「少年ガンガン」スクウェア・エニックス刊)

全文を表示

関連記事

桜井海のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 桜井海 / 草刈正雄 / 神木隆之介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。