叶わぬ愛の苦しさと美しさを描く、木原音瀬「美しいこと」コミカライズ上巻

195

木原音瀬原作による犬井ナオ「美しいこと」上巻が、本日9月11日に発売された。

「美しいこと」上巻

「美しいこと」上巻

大きなサイズで見る

「箱の中」「吸血鬼と愉快な仲間たち」などで知られる木原の同名小説をコミカライズした本作は、週に一度女装して街に出る趣味を持つサラリーマン・松岡洋介と、会社の冴えない先輩・寛末基文の関係を描くBL作品。女装で夜の町を歩き、男の視線を浴びることでストレス発散していた松岡は、ある夜、ナンパされた男に暴力を受けてしまう。なんとかその場から逃げ出したものの、ショックで呆然とする松岡を助けてくれたのは、会社の先輩・寛末だった。不器用で会社では悪評の寛末だったが、女装のまま交流を続けるうち、松岡は彼の純粋さに惹かれていき……。本作はKiss(講談社)にて連載中。

発売を記念し、一部書店では購入特典を用意。アニメイトでは描き下ろしマンガカード、フロマージュブックスでは描き下ろしイラストカード、ホーリンラブブックスでは描き下ろし両面イラストカード、紀伊國屋書店ととらのあなでは描き下ろしモノクロペーパー、コミコミスタジオでは描き下ろし4ページリーフレットが配布される。また電子版には、木原書き下ろしのショートストーリーと、犬井の描き下ろしイラストが用意された。

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。