山本英夫「ホムンクルス」が実写化!頭蓋骨に穴を開け、第六感に目覚めた男の物語

1583

山本英夫「ホムンクルス」が、2021年に実写映像化される。

「ホムンクルス」メイン画像

「ホムンクルス」メイン画像

大きなサイズで見る(全2件)

「ホムンクルス」は頭蓋骨に穴を開ける実験“トレパネーション”を受けた結果、第六感が目覚め、人間の心の歪みが異形として見えるようになった男を描くダークサスペンス。2003年から2011年にかけてビッグコミックスピリッツ(小学館)で連載された。累計発行部数は400万部。山本からは映像化を喜ぶコメントが到着した。詳細は続報を待とう。

なお小学館のマンガアプリ・マンガワンでは、9月18日まで「ホムンクルス」の全巻イッキ読みを実施している。

山本英夫コメント

『ホムンクルス』の実写映像化、とても嬉しいです!
ロボット、砂の化け物、水の器、、、
造形は無機質ですが、それは潜在意識の集合体であり、人間より人間臭さが詰まった化け物たちです。
実写でどう描かれるのか、とっても楽しみです!

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

山本英夫のほかの記事

リンク

関連商品

原作/山本英夫「ホムンクルス」(小学館 ビッグスピリッツコミックス刊) (c)山本英夫/小学館

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 山本英夫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。