浦沢直樹の「PLUTO」ハリウッドで実写CG映画化

273

浦沢直樹長崎尚志による「PLUTO」が、イルミネーション・エンターテインメントとユニバーサルピクチャーズによってハリウッドで実写CG映画化される。

「PLUTO」1巻。長崎尚志をプロデューサーに迎え、手塚治虫の「鉄腕アトム」を浦沢直樹がリメイクした作品だ。

「PLUTO」1巻。長崎尚志をプロデューサーに迎え、手塚治虫の「鉄腕アトム」を浦沢直樹がリメイクした作品だ。

大きなサイズで見る

「PLUTO」は手塚治虫「鉄腕アトム」の1エピソードをリメイクした作品で、人間とロボットが共存する独自の世界観を現代的なアレンジで描いている。原作の主人公「アトム」だけでなく、刑事ロボット「ゲジヒト」の視点を交えたドラマなどが見所だ。ビッグコミックオリジナル(小学館)で連載が行われ、単行本は全8巻が発売された。

製作を行うイルミネーション・エンターテインメントは「アイス・エイジ」などで知られる、クリス・メレダンドリ率いる映画プロダクション。アニメーションのクオリティには定評があるチームだけに期待は大きい。さらに手塚の実子・手塚眞も製作に参加。そのほか詳細な製作スタッフ、キャスト、公開時期などは追って発表される。

浦沢直樹のほかの記事

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 浦沢直樹 / 長崎尚志 / 手塚治虫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。