藤まるの小説「時給三〇〇円の死神」がコミカライズ、執筆は桐原いづみ

133

藤まるの小説「時給三〇〇円の死神」のコミカライズ連載が、本日7月27日発売の月刊アクション9月号(双葉社)でスタートした。執筆は「君の膵臓をたべたい」などのコミカライズも手がけてきた桐原いづみ

「時給三〇〇円の死神」より。

「時給三〇〇円の死神」より。

大きなサイズで見る(全16件)

同作の主人公・佐倉真司は、“特別にろくでもない人生”を送ってきた高校2年生。ある日彼は、美人のクラスメイト・花森雪希に誘われ、時給300円で死神のアルバイトを始めることになる。最初の仕事は、佐倉の昔なじみの少女・朝月の悩み相談を聞くこと。佐倉は花森に「これのどこが死神のアルバイトなんだ」と尋ねるが、花森は「大丈夫大丈夫、すぐにわかるよ」と笑うばかりで……。

そのほか今号では、伊藤伸平「地球侵略少女アスカ」が完結。単行本の最終3巻は9月12日に発売される。

この記事の画像(全16件)

桐原いづみのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 桐原いづみ / 伊藤伸平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。