コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

原哲夫10年ぶり新連載「いくさの子」ビジュアルを公開

81

原哲夫が10年ぶりに立ち上げる新連載として注目されている「いくさの子-織田三郎信長伝-」のキービジュアルが公開された。

「いくさの子-織田三郎信長伝-」は10月25日創刊の新雑誌・月刊コミックゼノン(徳間書店)でスタートすることが発表されていたが、これまでビジュアルはシルエットのみの発表にとどまっていた。

月刊コミックゼノンの本創刊に先駆け制作された無料配布誌「創刊0号」では、このキービジュアルを表紙に起用。「いくさの子」情報を目玉に、各連載作品の詳細や、織田信長をテーマにした堀江信彦編集長と河村たかし名古屋市長の対談を掲載している。10月16日には愛知県の名古屋まつり会場で、このふたりと原が鼎談を行う。

「創刊0号」は、本日10月10日に愛知県・清洲公園駐車場特設ステージで開催するイベント「かぶき祭 Live in 清須返し時代絵巻」で配布。また吉祥寺のCAFE ZENONでも本日から配布を行うが、なくなり次第終了となる。鼎談が行われる16日の名古屋まつり会場や、他にも吉祥寺の書店などでも配布が予定されている。

なお10月13日から18日にかけて、名古屋栄三越では原の個展「戦国傾奇個展」を開催する。新連載「いくさの子」をはじめ、「花の慶次 -雲のかなたに-」「影武者徳川家康」「左近」などの複製原画を展示。こちらでも「創刊0号」が配布される予定だ。

コミックナタリーをフォロー