東京ワンピースタワーが7月31日に閉園、“最後の思い出”に期間限定で再開も予定

714

尾田栄一郎「ONE PIECE」のテーマパーク・東京ワンピースタワーが、7月31日に閉園することが発表された。

東京ワンピースタワーのロゴ。

東京ワンピースタワーのロゴ。

大きなサイズで見る(全2件)

現在一部の施設を除いて休園中の東京ワンピースタワー。公式サイトでは、新型コロナウイルス感染症に対する政府からの緊急事態宣言の解除後、営業再開に向け慎重に協議・検討を重ねてきたことが述べられており、「屋内施設という場所柄、これまで同様・同クオリティにてみなさまに十分にご満足いただけるサービスの提供を長期的に継続することが難しいと判断いたしました」と説明されている。

なお東京ワンピースタワーは「遊園地・テーマパークにおける新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」に沿った対策をしっかりと行ったうえで、人数を制限し、“最後の思い出”として閉園前に入園無料で営業の再開を予定していることも発表。「残された期間において、お客さまおよび従業員の安全・安心を第一に、新型コロナウイルス感染症の拡大防止予防に取り組むとともに、お客さまに少しでも多くの思い出をご提供できるよう、今まで以上に心のこもったサービスでお迎え致します。東京ワンピースタワーがいつまでもみなさまの心の中に残りますように。みなさまのご来園を心よりお待ちしております」とコメントしている。

東京ワンピースタワーは麦わらの一味が“ナワバリ”にしたトンガリ島と呼ばれる、冒険と遊びに溢れる楽しい“アソビ場”をコンセプトに2015年3月12日に開園。「ONE PIECE」にちなんださまざまなアトラクションが設けられているほか、「ONE PIECE LIVE ATTRACTION」と銘打ったライブショーが行われており、今年2月に通算1万公演を達成していた。

また本日7月4日から31日まで、東京ワンピースタワーは利用者のトンガリ島での思い出やエピソードを募集。届いたメッセージは公式サイト内の「トンガリコラム」で紹介される。さらにライブショー「ONE PIECE LIVE ATTRACTION『MARIONETTE』」のセミファイナル、ファイナル公演がYouTubeにてライブ配信されることも決定。詳細は追って発表される。

この記事の画像(全2件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

尾田栄一郎のほかの記事

リンク