「エヴァに、乗れ」新アトラクションが太秦映画村に、高さ15mの乗れるエヴァ初号機登場

3748

「新世紀エヴァンゲリオン」の新アトラクション「エヴァンゲリオン京都基地」が、10月3日に京都・東映太秦映画村にオープンする。

「エヴァンゲリオン京都基地」ティザービジュアル

「エヴァンゲリオン京都基地」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

「エヴァンゲリオン京都基地」のイメージ。

「エヴァンゲリオン京都基地」のイメージ。[拡大]

「エヴァンゲリオン京都基地」では、京都に使徒が出現したために特務機関NERVが「第3新京都市支部」として同施設を設立し、新規パイロットの公募を行う設定のストーリーが展開される。屋外にはエントリープラグに注水されるL.C.Lを模した赤いプールと、そこから上半身をのぞかせた高さ15mのエヴァンゲリオン初号機を設置。実際にプールから突き出した初号機の手の平に乗って、記念写真を撮ることが可能となっている。またパイロットとなってエントリープラグにも乗ることができ、搭乗ゲートより入場すると、まずはパイロットとしての適性をさまざまな角度で検査。エントリープラグに乗り込んだ後は、コントロールレバーを握るとエヴァとのシンクロ率が測定できる。

そのほかにも基地内には多数のフォトスポットを用意。ウォーターキャノンなど特殊効果を使ったショーも開催される。さらに描き下ろしイラストを使用した缶バッジ、アクリルフィギュアスタンドなどのオリジナルグッズも登場する。

「エヴァンゲリオン京都基地」の描き下ろしイラスト。

「エヴァンゲリオン京都基地」の描き下ろしイラスト。[拡大]

なお10月3日のオープンに先立ち、ひと足早く「エヴァンゲリオン京都基地」を体験できるイベントを8月1日から実施。参加特典として、非売品となる75mmの缶バッジと参加者の写真をプリントした搭乗記念フォトカードが参加者全員にランダムでプレゼントされる。チケットの価格は税込1000円。開催日程やチケットの購入方法などは公式サイトで確認を。

この記事の画像(全9件)

関連記事

庵野秀明のほかの記事

リンク

(c)カラー

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 庵野秀明 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。