幸せな生活にはどこか違和感が、記憶喪失の男描く沖田龍児のサイコサスペンス1巻

28

「ヤバい女に恋した僕の結末」の沖田龍児による新作「ゲスな己れを死るがいい」1巻が、本日6月9日に発売された。

「ゲスな己れを死るがいい」1巻

「ゲスな己れを死るがいい」1巻

大きなサイズで見る

「ゲスな己れを死るがいい」は明るい妻や頼れる義弟や、なかなか心を開いてくれないながらかわいい息子に囲まれて暮らす記憶喪失の男性・譲流を主人公にしたサイコサスペンス。幸せな毎日を送っている譲流だったが、現在の生活にどこか違和感を感じており、ときに自分でも信じられないような言動をとってしまうことに悩んでいた。そんな中で過去の譲流を知るという女性が現れ、次第に彼の日常は崩壊していく。本作はWebゴラク内のゴラクエッグにて連載中。

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 沖田龍児 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。