浦沢直樹、永井豪がkotobaのスティーヴン・キング特集に登場、その魅力に迫る

232

本日6月5日に発売されたkotoba2020年夏号(集英社)では、スティーヴン・キングの特集が組まれており浦沢直樹永井豪へのインタビューが掲載されている。

浦沢直樹へのインタビュー「世界を壊し、創造し続ける小説家」より。

浦沢直樹へのインタビュー「世界を壊し、創造し続ける小説家」より。

大きなサイズで見る(全3件)

浦沢へのインタビュー「世界を壊し、創造し続ける小説家」では、「キングがいなかったら、僕は今こうしていないかも」という浦沢が、キング作品との出会いや小説を読んだ際に受けた衝撃などについて話しているほか、キング作品から導かれるモダンホラーの定義について分析している。また、浦沢自身がもっとも影響を受けたという、キングの小説の創作スタイルについても語った。なお浦沢はキングの肖像画も描き下ろしている。

永井豪へのインタビュー「“強迫観念”の名人」より。

永井豪へのインタビュー「“強迫観念”の名人」より。[拡大]

一方、永井は「“強迫観念”の名人」と銘打ったインタビューで、「キングは、人が潜在的に持っている“強迫観念”を具現化する名人だと思う」と説明。さらにキング原作の映画「シャイニング」を公開当時に手塚治虫とともに鑑賞した際のエピソードや、キング原作による映画の魅力、キングが描く恐怖と「デビルマン」との共通性などについて語った。

この記事の画像(全3件)

関連記事

浦沢直樹のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのコミックナタリー編集部が作成・配信しています。 浦沢直樹 / 永井豪 / 手塚治虫 の最新情報はリンク先をご覧ください。

コミックナタリーでは国内のマンガ・アニメに関する最新ニュースを毎日更新!毎日発売される単行本のリストや新刊情報、売上ランキング、マンガ家・声優・アニメ監督の話題まで、幅広い情報をお届けします。